次郎のFTWinWDW備忘録【2】ブライダルアライさんと相談会!

【2016年12月】

 

2016年10月に、FTWの仲介業者さんである「ブライダルアライ」さんに個別相談会の申し込みをして、12月に相談会の会場となる会場となるホテルの場所と、日程の連絡が来ました!

 

私たちの場合は2017年1月末で、会場は東京のホテルの一室を使って、アライさんと私たち夫婦の3人で、1時間半前後の相談会でした。

 

【2017年1月末】

 

部屋に入ると、FTWのアルバムがたくさんテーブルに置かれており、テレビではFTWの動画を観せていただきました。

相談相手のアライさんは、こちらの予算ややりたい事を聞いてくださり、とてもいい提案をしてくださいます。

 

 

私たちが当初、一番興味があって聞きたかった事はMKBPの事。

最初に、私達がWDWのFTWで一番やりたかった事は、マジックキングダム(MK)でのブライダルポートレート(MKBP)でした。


オープン前のMK内で、新郎新婦のポートレートを撮ってもらうというものです。
ブライダルポートレート自体はTDRでもあるのですが、 WDWのそれは撮影コースが3つあります。

さらにオプションで、エプコット(EP)やアニマルキングダム(AK)、ハリウッドスタジオ(HS)での撮影も可能との事。

 

ラプンツェルが好きな妻は、MKのラプンツェルエリアに行く事をとても楽しみにしており、今回のBPもラプンツェルエリアが含まれるコースを選びました。

ただし、1日で何組かBPを撮るため先着申し込み順となっており、希望日に希望するコースが空いていなければ別のコースをするか、別日にするしかないとの事。

私たちの場合は、運良く1枠空いていたので入れてもらうことができました。

 


MKBPをやる事だけは確定…

 

そんな相談会で、アライさんに熱心に勧められたのが

「キャラクターを呼ぶ事」

でした。
というのも、相談会前の夫婦の話し合いでは、私たちはもともとキャラクターを呼ぶ予定はなかったのです。
↑今考えると、キャラクターを呼ばないなんてあり得ないですね笑。


アライさんにキャラクターを呼ぶ事強く勧められたのは、式後のレセプションでもしキャラクターを呼んでいたら、30分付きっ切りで相手をしてくれるから…というものでした(*´ω`*)


ダンスしたり写真撮ったり、一緒にケーキカットしたり…
TDRのFTWはキャラクターは来てくれるものの、キャラクターとの自由時間がある訳ではないので、そこも大きな違いです。

 

相談会真っ最中にも関わらず、この時点でWDWでやろうという事だけは2人で決まっていたのですが、キャラクターに関してはその場では即断せず保留させてもらっています。
なので、その日の相談会後に予定していたTDRのブライダルフェアには行きませんでした笑。
2時間近く相談させてもらっていた事もあり、疲れもありました( ̄ー ̄)

 

結局というかそりゃそうだろと言うか、式後のレセプションにはミキミニを呼ぶ事にしました!

やっぱりミキミニに祝ってほしいですよね(*´ω`*)

 

FTWの動画を観させていただいて、キャラクターのいるいないはすごく大きいし、お金を気にしてやりたい事をやらなかったら、絶対に後悔すると思ったからです。


また、キャラクターに関してですが日本のFTWでは出来ないこととして


・呼ぶキャラクターは1人から可
・基本誰でも呼べる


があります。

 

主要キャラは言わずもがな、シンデレラとプリンスチャーミング、ラプンツェルとフリンライダー、ジュディとニック、ビアンカとバーナードなど、おそらくディズニーキャラクターであれば可能なのだそうです。
キャラクターの予定もあるらしいで、申し込んだ時点で間違いなく来てくれるかは分からないそうですが、まぁほとんど希望のキャラクターが来てくれているそうです。

 

…聞いてないけど、ベイマックスは厳しいんじゃないかなぁ…


私たちだとキャラクターに関しては、呼ぶならミキミニ一択♪
お値段はそこそこ張りますが、折角のFTW!
30分ミキミニ独占!
この魔力に抗えるほど、私達の財布の紐は固くありませんでした笑。

 

当初、2017年11月の式を希望していたのですが2016年10月の時点でもうほとんど空きがない状況でした。


日本の結婚式と同じで、10月11月は人気なんだそうです。


結局、9月に余裕があった事もあり日取りも9月に決定。

 

…この安易な判断が後に大きな失態に繋がる事など、当時の私たちは知る由もなかったのです…(´;ω;`)

 

【2017年2月上旬】

 

仮予約という形で2500ドルの申込金を払い、FTWinWDW確定となりました(*´ω`*)


相談会から申し込み期限まで10日もなかったから、日程的に結構シビアでしたね。


それからFTWに関しては、式とレセプションで生演奏してもらう曲を決めたり細かい調整がありますが、それはまだ先の話。

2月の時点で2500ドル支払って、式とMKBPの日取りは抑えましたが、特に式に関しての具体的な内容はまだ決まっていませんでした。


この時に決まっているのは、グランドフロリディアンのウエディングパビリオンで式を挙げることだけです。

 

f:id:rrh1031:20180312215914j:image

 

次回、ドレスとタキシードはどうしよう!?