次郎のFTWinWDW備忘録【3】ドレスとタキシード①

【2017年2月】

 WDWで式をやる事が決まった時点で両親に報告し、国内でも披露宴だけは妻の希望もあり、やる事になりました。
披露宴をやると決まったら、場所の選定→問い合わせ→説明会参加→決定まであっという間。
下見は1つしかしませんでしたが、2人とも納得して契約しましたし、当日も最高の時間を1日を過ごすことができました(*´ω`*)

 

 

アメリカという遠地で結婚式をすると決めた私たち。
そうなると次に問題になってくるのが、ドレスとタキシードをどうするかという事。

1月のブライダルアライさんとの個別相談会でも、衣装についての質問はさせていただきました。

私たちの選択肢は

 

①ウエディングドレスとタキシードを日本で買って、アメリカに持ち込む
②現地でレンタルする
③日本でレンタルしてアメリカに持ち込む

この3つです。

 

③…
メリットは式後のドレスの処理を考えなくて済む…という事くらいで、費用が莫大になる為に論外。
日本で借りてアメリカに持っていっても、レンタル日数と金額的な意味で現実的じゃないですよね。

 

②…
アメリカで借りることはできますが、国内で披露宴をすると決めた私たちに、アメリカで借りる選択肢はありません(懐事情的な意味で)。
アメリカでドレスとタキシードを借りる場合、提携している日本のドレスショップで試着できるので安心ですね。

 

①…
色々調べた結果、ドレスとタキシードは日本で購入して、アメリカへ持ち込むのが一番融通が効く事が分かりました。
特に私たちの場合、アメリカでのFTW後に国内で披露宴をする事が決まっていましたから、選択肢はあってないような物です笑(*´ω`*)

 

 

ウエディングドレスとタキシードと自分たちで用意するにあたり、私たちが用意したものをリストにしてみました。

 

-新婦-
・ウエディングドレス
・ドレス用下着
・ヴェール
・ティアラ 

・リボンカチューシャ
・グローブ
・ヒール(7cm)

 

-新郎-
・タキシード(ベストとネクタイ付き)
・ドレスシャツ
・ベストとネクタイ(日本の披露宴用に、新婦のカラードレスに合わせて)
・グローブ
・シークレットシューズ(7cm)

 

新婦のウエディングドレスと新郎のタキシードは、中古の物を採寸し直してくれる業者にお願いしました。
アメリカに持っていくのはウエディングドレスとタキシードだけで、披露宴で使うお色直しのカラードレスは、レンタルとなりました。

 

f:id:rrh1031:20180313142717j:image

 

次回、ドレスとタキシードを購入しよう!

次郎のFTWinWDW備忘録【2】ブライダルアライさんと相談会!

【2016年12月】

 

2016年10月に、FTWの仲介業者さんである「ブライダルアライ」さんに個別相談会の申し込みをして、12月に相談会の会場となる会場となるホテルの場所と、日程の連絡が来ました!

 

私たちの場合は2017年1月末で、会場は東京のホテルの一室を使って、アライさんと私たち夫婦の3人で、1時間半前後の相談会でした。

 

【2017年1月末】

 

部屋に入ると、FTWのアルバムがたくさんテーブルに置かれており、テレビではFTWの動画を観せていただきました。

相談相手のアライさんは、こちらの予算ややりたい事を聞いてくださり、とてもいい提案をしてくださいます。

 

 

私たちが当初、一番興味があって聞きたかった事はMKBPの事。

最初に、私達がWDWのFTWで一番やりたかった事は、マジックキングダム(MK)でのブライダルポートレート(MKBP)でした。


オープン前のMK内で、新郎新婦のポートレートを撮ってもらうというものです。
ブライダルポートレート自体はTDRでもあるのですが、 WDWのそれは撮影コースが3つあります。

さらにオプションで、エプコット(EP)やアニマルキングダム(AK)、ハリウッドスタジオ(HS)での撮影も可能との事。

 

ラプンツェルが好きな妻は、MKのラプンツェルエリアに行く事をとても楽しみにしており、今回のBPもラプンツェルエリアが含まれるコースを選びました。

ただし、1日で何組かBPを撮るため先着申し込み順となっており、希望日に希望するコースが空いていなければ別のコースをするか、別日にするしかないとの事。

私たちの場合は、運良く1枠空いていたので入れてもらうことができました。

 


MKBPをやる事だけは確定…

 

そんな相談会で、アライさんに熱心に勧められたのが

「キャラクターを呼ぶ事」

でした。
というのも、相談会前の夫婦の話し合いでは、私たちはもともとキャラクターを呼ぶ予定はなかったのです。
↑今考えると、キャラクターを呼ばないなんてあり得ないですね笑。


アライさんにキャラクターを呼ぶ事強く勧められたのは、式後のレセプションでもしキャラクターを呼んでいたら、30分付きっ切りで相手をしてくれるから…というものでした(*´ω`*)


ダンスしたり写真撮ったり、一緒にケーキカットしたり…
TDRのFTWはキャラクターは来てくれるものの、キャラクターとの自由時間がある訳ではないので、そこも大きな違いです。

 

相談会真っ最中にも関わらず、この時点でWDWでやろうという事だけは2人で決まっていたのですが、キャラクターに関してはその場では即断せず保留させてもらっています。
なので、その日の相談会後に予定していたTDRのブライダルフェアには行きませんでした笑。
2時間近く相談させてもらっていた事もあり、疲れもありました( ̄ー ̄)

 

結局というかそりゃそうだろと言うか、式後のレセプションにはミキミニを呼ぶ事にしました!

やっぱりミキミニに祝ってほしいですよね(*´ω`*)

 

FTWの動画を観させていただいて、キャラクターのいるいないはすごく大きいし、お金を気にしてやりたい事をやらなかったら、絶対に後悔すると思ったからです。


また、キャラクターに関してですが日本のFTWでは出来ないこととして


・呼ぶキャラクターは1人から可
・基本誰でも呼べる


があります。

 

主要キャラは言わずもがな、シンデレラとプリンスチャーミング、ラプンツェルとフリンライダー、ジュディとニック、ビアンカとバーナードなど、おそらくディズニーキャラクターであれば可能なのだそうです。
キャラクターの予定もあるらしいで、申し込んだ時点で間違いなく来てくれるかは分からないそうですが、まぁほとんど希望のキャラクターが来てくれているそうです。

 

…聞いてないけど、ベイマックスは厳しいんじゃないかなぁ…


私たちだとキャラクターに関しては、呼ぶならミキミニ一択♪
お値段はそこそこ張りますが、折角のFTW!
30分ミキミニ独占!
この魔力に抗えるほど、私達の財布の紐は固くありませんでした笑。

 

当初、2017年11月の式を希望していたのですが2016年10月の時点でもうほとんど空きがない状況でした。


日本の結婚式と同じで、10月11月は人気なんだそうです。


結局、9月に余裕があった事もあり日取りも9月に決定。

 

…この安易な判断が後に大きな失態に繋がる事など、当時の私たちは知る由もなかったのです…(´;ω;`)

 

【2017年2月上旬】

 

仮予約という形で2500ドルの申込金を払い、FTWinWDW確定となりました(*´ω`*)


相談会から申し込み期限まで10日もなかったから、日程的に結構シビアでしたね。


それからFTWに関しては、式とレセプションで生演奏してもらう曲を決めたり細かい調整がありますが、それはまだ先の話。

2月の時点で2500ドル支払って、式とMKBPの日取りは抑えましたが、特に式に関しての具体的な内容はまだ決まっていませんでした。


この時に決まっているのは、グランドフロリディアンのウエディングパビリオンで式を挙げることだけです。

 

f:id:rrh1031:20180312215914j:image

 

次回、ドレスとタキシードはどうしよう!?

次郎のFTWinWDW備忘録【1】FTWの下調べ

【2016年10月】

5年交際した彼女と婚約したのが、2016年10月の事でした。

この頃の私たちはディズニーは好きでしたが年パスは未所持で、TDRへは1シーズンに1回行って、ショーをメインに楽しむそこそこのディズニー好き。


既に同棲を1年しており、結婚の話などもしていて
「FTWとか、できたら最高だろうね」
「お値段的に日本とアメリカのFTWはどっちが高いんだろうね」
等という話を、2人で漠然としていました。

 

この時、FTWは個人的には願望であって現実味のない話だったような気がします。
ただ、日本で普通に結婚式と披露宴をやるという話は、自然と出てきませんでした。
熱意と勢いって、今考えると怖いですね笑。

そして次に候補に挙がったのは
ハワイ・アウラニでのディズニーウエディング。
ハワイなら両親と兄弟姉妹だけ呼んで、そのままハネムーンに飛べばいい!
と、簡単に考えていました。

 

ちなみに、ハネムーンは最初から
WDW!
と2人で決めていました(*´ω`*)

 

ネットで調べてみる限り、披露宴をしない前提なら、まぁ不可能な金額ではなさそうと想像していました。
アウラニでのウエディングがFTWかどうかは分かりませんが、憧れのディズニー施設で結婚できる!と喜んでいたものです(*´ω`*)

この時点で、プロポーズ(2016.10中旬)から1週間少ししか経っていないのだから、私達のFTWへの情熱を見てとれます。

メールの履歴を見直してて
こんなに速攻で動いていたんだ…
と自分でも驚いたくらいです。

「鉄は熱いうちに打て」
「兵は拙速を尊ぶ」

 

もし思い立って調べてさっさと連絡を取らなければ、このFTWとハネムーンは全く別のものになっていた可能性があります。

実際、この後お世話になるブライダルアライさんとご縁ができたのは、タイミングが全てだったと思います。

 



そんなこんなでアウラニウエディングが現実味の帯びてきた(別に申し込みもお問い合わせも何もしていないのにw)、そんなある時

「いっその事、WDWでFTWすればいいんじゃないか?」
「ハネムーンで行くんだし」

という提案が、妻から出てきました。

FTW in WDW

 

正直全く私の想定になく、WDWのFTWなんて…
Too Expensive!
なんじゃないだろうか?と、最初は思いました。

しかし調べてみると、日本人で WDWでFTWをやった人も結構いらっしゃって、ブログに残してくださっており値段も思いの外高くない…

ただ、私達の懐事情的にも日程調整にしろ、WDWでの式は夫婦2人のみ確定です。
そこが少し気になるところではありましたが、そこはまだFTWに100%本気でない2人でした(*´ω`*)

WDWでの結婚式をネットひたすら調べてみたところ…

Bridal Arai(http://www.bridalarai.com/)
f:id:rrh1031:20180311224939j:image
に辿り着きました。
(写真は、2018年3月現在のホームページのトップです)

現在進行形でお世話になっているブライダルアライさんは、日本人がWDWで式を挙げる為の、ディズニー社との仲介役となってくれる会社です。

2017年以降のFTWを考えている人向けに、2017年1月に説明会をやるというニュースを見て、とりあえず応募しました。

とりあえず話を聞いてみよう…

という軽い気持ちで説明会に申し込みをしました。
その2日後にブライダルアライさんから返信が来て、申し込み完了です。

この時点で2017年10月…
プロポーズしてから1週間弱。

ブライダルアライさんに関してですが、メールは全て日本語で大丈夫ですし、対応は本当に丁寧です。
ただ、メールの返信が(時差を考えても)結構遅かったり、見積りがアライさんが提示してきた期限よりもだいぶ遅かったりと、その辺りでアメリカンな異文化コミュニケーションを体感する事ができます( ̄ー ̄)

 

 

次回、2017年1月末のブライダルアライさんとの個別相談会!

 

次郎のFTWinWDW備忘録【0】

初めまして、こんにちわ!

世界の恋人の恋人の恋人になりたい次郎と申します。

 

1985年関東生まれ関東育ち、ディズニー大好きな男性です♪

TDR年間パスポートは2年目、ミニーマウスとダッフィーが大好きな、紳士になりたい中年のおじさんですが、昨年良いご縁があって結婚いたしました。

妻とは5年以上付き合っていたのですが、夫婦そろってディズニー好きになったのはここ最近で、最近は35周年とファッショナブルイースターを心待ちにしております♪

 

今回はタイトルにある通り、世界一大きなディズニーリゾートであるウォルトディズニーワールド(WDW)で、結婚式であるフェアリーテイルウェディング(FTW)をすることにしたので、その備忘録としてブログを書くことにしました。

 

つい最近までTwitterでこの備忘録を更新していたのですが、妻から

「文章が長すぎるから、ブログにした方が良い」

と言われ、こちらにも書くことにした次第です。

 

もしこれを見てくださった方で興味がある方がいらっしゃったら

#次郎のもふもふFTWinWDW

で検索していただけるとご覧いただけます。

 

私たちのFTWは2018年5月を予定しているのですが、実は本来なら2017年秋に行っている予定でした。

 

思案期間も含めると結果的に約1年半越しのFTWなのですが、なぜそうなったのか等も書き残していきたいと思います。

 

WDWでFTWを予定されている(考えている)方…

WDWでハネムーンや旅行をしようとしている方…

 

私や妻自身も、今回の渡米にあたって多くの方のブログを参考にさせていただいたので、私自身のこのブログは備忘録ですが、誰かのお役に立てればいいなという思いで書かせていただいております。

 

しばらくの投稿は、すでに書いているTwitterからのコピペに編集と加筆したものになると思います。

Twitterでは画像を載せていないので、こちらでは画像も添付していく予定です。

 

ブログ自体が初めてで、至らぬ部分が多々あるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

 

-ダッフフもふ次郎-